steelwool_oxide

slog

最近会話に擬音が多くなってきました

買ってみた

3 1月

iPad Proを買った

Appleが1/2に初売りをするという情報をえて銀座のApple Storeに行って買ってきてみました。
去年も初売りをしていたので今年もあるのかなーと思ってちょっと期待してたんですが、当日0時になってからのいきなりの発表でした。
勝手な推測なのですが前日からの行列防止とかそんな感じでしょうか。

お目当ては10.5インチのiPad ProのCellularモデル。去年の初売りだとiPadが対象外だったのでちょっと心配だったのですが、今年は対象で12,000円のギフトカードで買っちゃおうと心に決めました。

さて当日。ネットで買っても対象、というのはわかってはいたのですが、勢いに任せて当日買いたいと思っていたのと、もともと持っていたiPad mini 4をその場で下取りに出したかったので一番行きやすかった銀座店へ買いに行きました。
着いたのは大体12時半くらいで、若干危惧はしていたのですが案の定店の前に行列が。
並ばずに入っている人もいたので違いはなんなのかと聞いてみたら、レジの行列とのことで、その日iPadとかiPhoneとかMac買う人の列でした。
ストア前の宝くじ売り場かららん月くらいまで行列ができていて、並び始めた時は一時間半くらいかかると言われてちょっとやめようか考えてたんですがヒマだったのでそのまま並ぶことに。実際には50分くらいで買い物開始ができました。

ちなみに下取りのiPad mini 4ですが、家族が職場からもらったもので、Cellularモデルじゃないのと画面が小さく感じたのとその職場のロゴが入っていたという感じで中古で売りに出しづらいので、再販にはしないというAppleの下取りが最適と判断しました。ロゴ入ってなければどこかのフリマアプリで売っても良かったですね。下取り価格は16,000円くらいでした。

当日買ったものは
iPad Pro Cellular 10.5インチ 256GB スペースグレイモデル
Smart Keyboard JIS配列
Apple Pencil
の3点。
下取りと初売り特典のギフトカードを合わせると約28,000円相当だったので、アクセサリとして買ったキーボードとペンが大体タダになった感じ。個人的には満足できる買い物でした。
ちなみにiPadの色は、Smart Keyboardの色も選べるのであればゴールドとかにしようと思ったのですが、黒しかなかったのでiPadもそれに合わせてスペースグレイを選択しました。

あとAppleのレザースリーブケース的なのも欲しかったのですが、さすがにケースに16,000とかかけたくなかったので、Amazonで持ち運び用の安いやつを買いました。キーボードつけながらだとちょっときついんですが、ペン入れるポケットもあるので機能的には問題ない感じです。
ただ一つ問題をあげるとしたらにおいがキツイということでしょうか。そのうち落ちてくるといいんだけど…


というわけで、ひさびさにここで記事書いたんですが、この記事は買ったiPadで書いてみました。
それでは。
5 11月

Kindle Voyageを買いました

こんにちは、スチールです。

楽しみにしていたKindle Voyageが届きました!
購入したのは「キャンペーン情報つき」「Wi-Fi」のモデル(21,480円)です。

キャンペーン情報というのはロック画面とホーム画面のバナーのことかなと思います。
(キャンペーン情報なしモデルと比較ができないので推測です)
こんな感じです。

ロック画面
10

ホーム画面のバナー
25


第一印象は前評判通りなんですが、軽くて表示がくっきりしているなという感じ。
レスポンスも体感では速い気がします。

スマートフォンでのビデオ撮影ですが、マンガを読んだり、辞書を引くとどのくらい違いがあるか
撮ってみました。

まずはマンガから
こちらがVoyage


こちらがPaperwhite(2012)


続いて辞書です
こちらがVoyage


こちらがPaperwhite(2012) 
 

まぁ、なんといいますか動画撮った感じだとびっくりするほど変わらない気がしますね…
とはいえほかにもストアで書籍を検索する際のキーボードの動作とかも体感はけっこう違います。

ちなみに、マンガでのページ送りの際に使ってみましたが、ページめくりボタンはこんな感じになっています。
57

 
ちょっと文章で説明するのが難しいのですが、「点」ボタンと「棒」ボタンが両サイドにありまして、こちらを指で軽く押し込むと一瞬本体が震えてページが遷移します。
「点」の方が「戻る」で、「棒」の方が「進む」です。 
最初タップなのかなと思って戸惑いましたが、慣れると指をKindleから離す必要がなく、軽く押し込むだけなので非常にページ送りが楽です。 

続いて画面の明るさです。
どちらも最高の輝度にしてみました。明るさの違いがわかるかと思います。
あと明るさにムラがないのがよいですね。
50

解像度については辞書を開いた画面を寄って撮ってみました。

こちらはVoyage
35


こちらがPaperwhite(2012)
42

Paperwhiteだとちょっと文字が欠けたりしていますが(robotの部分など)、Voyageは欠けていませんね。画面の白さも際立ちます。単純に見やすいかと思います。

最後に純正のORIGAMI型カバーも買ってみたのですが、スタンドになるのは便利なものの、
重さが倍近く(178g→310g)になりますので、買うかどうかはちょっと考えた方がいいかもしれません。
もちろんカバンに入れるときの画面保護になるし、スタンドで机に起きながら読めるメリットはありますが…

34

とりあえず触ってまだ数時間ですが、ページ送りボタンの存在でPaperwhiteとは全く違う読書体験になるかと思います。
この部分だけで値段の差を超えられるか若干微妙ですが、一度体験しちゃうと戻れないなぁという感じでした。

六本木ではたらくエンジニア
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ